kazumam’s diary

子育て中のママブログ★境界悪性卵巣腫瘍との戦い、詳細や、子育てダイエットで役に立ったものを紹介する予定のブログ。地味に更新

手術後

目覚めるとリカバリールームに運ばれる途中でした。

傷の痛みは麻酔で全然感じないけど、
寒くて寒くてガタガタ震えてました。

歯がガチガチだったので、看護師さんが電気毛布をかけてくれた…。家族がみんな寄ってきてくれたのが見えたけど、あまりの震え方に、旦那はこのまま寒さで死ぬんじゃないかと思ったって言ってた笑。
寒さとの戦いは二時間ほど続いて、おさまった。
麻酔もしてたし、吐き気もしたので全然しゃべれなかった。


この日の夜はとっっても長く感じて…1番きつかった。
身動きもとれないし、今何時かも分からないし、水も飲めない…電気毛布が温かいな~くらいに思ってたけど、実は40度近くの熱がでてた?手術後だからね…


手術が終わったのが夕方の17時、朝看護師さんが尿の管抜きに来てくれたのは朝の9時くらいでした。そこから歩く練習して、自力で歩いて大部屋に移動した。トイレもひとりで行けるし、水も飲んでOKになった。
手術の次の日から歩いて流動食も食べられるなんて最近の医療はすごいなぁ!ほんと!

入院1日~2日目

手術の2日前から入院してくださいと言われたので、旦那に子供を抱っこさせて入院手続き!


アレルギーの聞き取りとかして、入院中の流れを説明されました。
特に今日はすることないですよ~って言われて、明日からの入院でもよかったじゃーんって思った。

近くに親もいないし、母親も他界してるので子供を預けられる人もいなくて、今回は児童相談所にお願いして施設に子供を預けることにしました。
こんな世の中なので、すっごく不安だったけど市の施設だ、看護師さんも常勤してるし相手はプロだ!と思い込んで、いろんな人に抱っこしてもらえるいい機会だと言い聞かせた★
わたしが入院してから旦那に施設に預けてもらいにいきました(´;ω;`)
3週間も会えないと思うと、辛くて涙がでた…


この日は本当に何にもなく、1日ゴロゴロテレビ見て終わり!!



入院2日目★

朝からはまた何もなくゴロゴロ~!

お昼過ぎに看護師さんが下剤をもってきてくれた。
マグコロールというものでペットボトルに入ってた、250ミリリットル。
15時から2時間程かけて飲みきって下さいとのことで飲む前からドキドキ!
飲んだらすぐトイレ!!になるのかなぁとか…
ドキドキしながら飲んで、一口目で酸っぱすぎて断念!!
ポカリを極限まで酸っぱくしたような味でした。。

2時間かけて飲みきったけど、そんなにお腹がゴロゴロするわけでもなく、トイレもちょっとゆるいかなぁ~程度!あぁ、母乳搾乳するの忘れたぁ…


夜ご飯も食べ、20時ついに浣腸をする時間になりました。
人生初の浣腸はびびりまくりで、看護師さんにもらしたらすみません…と言い続けた★
5分くらい我慢できたらしてって言われたけど、全然無理!で、1分程度でトイレに駆け込みました(´;ω;`)


そのあとは数分おきにトイレ!!って感じで寝るまでに8回もトイレ行きました。
ちなみに隣のベッドのお姉さんも一緒に浣腸したんだけど、お姉さんは1度もトイレに行かなかった…
わたしが浣腸に弱すぎたのかもしれない…

入院3日目(手術)

入院3日目

ついに来てしまったこの日!!
朝から持ってきた子供の写真をみて気分を落ち着けた。

今日はまた朝から浣腸!!
の、予定だったんだけど、やっぱり一回の浣腸でそんなにトイレ行くのは行き過ぎみたいで、朝の浣腸はスキップになった★

朝ごはんと昼ごはんは抜きで、水分は12時までとってOK★

手術前にもう1度腫瘍の確認と、
下の毛の剃毛を看護師さんにしてもらった。



ぞくぞくと家族も集まってきて、14時半頃やっと手術室から連絡が来ました。
とってもドキドキでした。
テレビみたいなベッドで手術室に運ばれるのを想像してたけど、普通に歩いていきました。


手術室ではまず初めに点滴のラインとり、心電図とかの準備がされていきました。
そして硬膜外麻酔という麻酔をしていきます。
これは地味に痛かった!
術後の痛みをとるもので、背骨と背骨の間からチューブをいれていくのですが…
チューブが痛くないように麻酔をしながら背中の途中からお尻の方までチューブを入れていきます。
そのときに骨に当たるようなゴリッ!って音が気持ち悪いし痛かった(´;ω;`)
痛い痛い言って、麻酔も2回追加してもらいました。。


それが終わったら全身麻酔のマスクをつけられて…
これから麻酔をかけていきますから、名前を呼ばれたら返事してくださいね~と、先生に言われたあとからの記憶は、ありません。
本当に2秒くらいで落ちました。

そして手術開始です…

卵巣腫瘍との戦い

世の中がハロウィンの話題で持ちきりの今日この頃、わたしは病院のベッドの上でひとり、ブログを始めました!



昨年の9月に初めての妊娠が分かってから発覚した巨大な卵巣腫瘍との闘病がやっと終止符を打とうとしております。

妊娠でホルモンの影響もあり卵巣が腫れてしまう人もいるそうで、その中には妊娠後期や産後落ち着く方もいるようなのですが、わたしの場合は当初右6センチ左4センチだった卵巣が、妊娠後期には右13センチ左8センチと2倍に腫れてしまったのです!!!(正常は2センチほど)
もはや経過観察などでは危険なほどに成長してしまった卵巣腫瘍は、いずれにせよ腫瘍の中身をすいとる手術をしなくてはいけなくなりました。


妊娠中に手術をするか、産後にするか、帝王切開にして出産と同時に手術をするか…
先生からもいろんな方法を提案して頂いて、胎児へのリスクが少ない産後での手術を選びました。
産後の手術も子供の世話をどうするのか?時期も時期だけに保活はどうしよう…など問題はいろいろ!


実際手術をするギリギリになって、手術自体に不安を感じてきて、ネットで体験談を調べてみたりして!!でも卵巣腫瘍に対する質問は多いけど、体験談が少ないなぁという印象があったので、今回書いてみよう、自分の中の保存版にしよう、という気持ちでブログを始めてみたわけです。



少しずつですが、手術の詳細、また5ヶ月の子供の成長、保活についてなど書けていけたらと思います。
よろしくお願いします★